Recent Trackbacks

111116 天皇杯 岡山戦

3-0○
 冷え込んで寒かったです。真冬の格好をするほどでもないけど、秋の格好では震え上がる感じ。もりあがる天皇杯への気分です。桃太郎さんバージョンの曲は意外にカッコよく、わが故郷へのあふれる思いとIdentityが喚起されるいい曲となってました。うらやましいです。試合後にはエール交換もありの、天皇杯らしいムードとなりました。
 どのチームにもタイトルへの夢が広がる天皇杯、つまりカテゴリーなどごく仔細なこととなり、結果は気持ちに大きく左右されます。J2がJ1に勝つことは珍しくもなんともない。セレッソがボールをもってましたが、がっちりラインをひかれて球際も厳しく来られていいボールを前線に入れることができません。1対1の勝負にならないように岡山は運動量を上げてきてましたが、それが後半になってしんどくなってきて、まあ助かったかな。
 後半交代が利きました。村田君が1対1で仕掛けて勝負をかけてラインをゆさぶることができ、播戸さんがきっちりボールを納めて決定力があるので決められる。岡山はCKになるとぐるぐるタオルを回して自分たちのムードを盛り上げる。押し込まれて危ないシーンもあったけど、なんとかクリアできた。そこがターニングポイントだったかな。追加点も入れることができて、勝利できました。点差ほどには快勝でもなかった、危ない時もあった。まあそれが天皇杯の一発勝負の醍醐味です。

 レヴィー監督の退任発表がありました。ファーガソン監督やお隣の西野監督みたいに長く長く監督を続けてほしかったのですが、母国のリーグでないと難しいかなあ。地震だの放射能だの家族も心配がつきないだろうし、究極の負けず嫌いのレヴィーとしては、優勝を狙えない言い訳を並べたくないのかもねえ。村田君が削られてまたブチ切れてガンジーさんに抑えこまれてたレヴィーです。いつも熱い。
 監督を代えてゴタゴタするのを何度も繰り返してみてきた身としては、レヴィーにずっとずっといてほしかったです。100%の監督なんてそもそもこの世に存在しないと思ってるけど、100%に限りなく近かった。後半スタートしてがっかりするようなことはほとんどなかった。選手を我慢して使い続けて花開くのをなんどもみたし、若手はぐいぐい伸びていった。選手の短所と長所をうまく組み合わせて、とてもすばらしいチームを作り上げていた。わくわくするような攻撃で、流れの中からの点でないとなんか満足できないようなそんな贅沢ものになってしまっています。
 できるだけ長くこのチームを、レヴィーとの時間をもうしばらく楽しませてください。お願いします。

111023 磐田戦(A)

4-0○
 ここを勝てば上位を狙える、ここで勝てれば上位をうかがえる、ここで勝つと賞金圏へ近づける、そんなタイミングを逃し続けると残り5試合で残留争いに足をつっこむことになる。
 今季一番ともいえる集中力をみせる。ACLアウエーガンバ戦もテレビ観戦やし、比較できんけど。これぐらいの集中力をもってすれば、そうそう失点しないし、相手もあることなので失点もあるかもしれんけど、少なくともブーイングするような試合にはならないし、ましてやペットボトルが飛び交うような試合になるわけもない。
 試合数が減ったせいか気候のせいか危機感のなせるわざか、運動量もあがってきた。運動量があがることで、いい守備になりいい攻撃へつながる。大海さんもキヨちゃんもマルチネスもいいときのパフォーマンスを知ってるだけに万全ではなさそうだけど、連携もよろしいのでまわりも生き生きし始める。
 タカくんは気持ちの入ったシュートを打つ、それがボールに乗り移るのか相手のクリアミスを誘う。気持ちはプレーに現われ、結果につながる。シュウくんはなんどもトライし、チャンスをものにする。タカくんがロングシュートを決める。磐田が押し返してくるけど、健勇くん、大竹君、播戸さんを入れ、たたみかけて追加点。
 残り4試合、どこまで勝ち点を積み上げられるか、真摯にサッカーに向き合えるか?

111005 ナビスコQF 浦和戦

1-2●
 また10月の予定が減りました。ガッカリ、がっくり。けが人が増えてやりくり大変なのは重々承知してるけど、期待させてくれるものも今までつみあげてきたわけで、レヴィー監督のおかげや選手の頑張りでなんとかつないできた。つまり、なまじ期待をするとそのガッカリ感は大きくなる。希望を大きくしなければ絶望も広がらない。
 寝る前に明日は勝てると信じて床に就き、今日は勝てると信じてスタジアムに向かうのは選手もサポも一緒だと思う。まあね、多少その時の状況で希望のパーセントは上げたり下げたり調整はするけれども。
 はー、今日はため息の連続だった。すこーし暑さがぶりかえしたせいかなあ、ひるひなかに前から自転車でやってくるお兄さんが家長選手に似てて、近づけば近づくほど似てて、なんでこんなとこにいるんだとか思ってしまった。よく見ればそうでもないんやけど。そのうち、真司さんや乾君が歩いてるのを見てしまいそうだ。

観客少なすぎ!と思ったけど、
長居 6,736
万博 4,112
カシマ 4,804
瑞穂陸 4,108
他をみると健闘したほうなんだなあ。屋根のおかげか、レッズのおかげか、期待の表れか、アクセスのよさか、もうちょっと宣伝しようよ、ナビスコカップ~。

111002 仙台戦(A)

2-1●
 一気に涼しくなってきました。つまりまあどこもかしこも、おじさんも運動量があがっていいサッカーがみられる季節となりました。
 手倉森監督にベガルタゴールドのユニを着てもらって、横にプーさんを並べたいといつも思います。コラボすればいいのにディズニーランドも震災の影響で苦労してそうやし。この抜け目ないぷーさんにいつもやられちゃう気がします。
 気持ち切り換えるのはいいけど、セットプレーでの失点を改善していく気はないのか2失点しました。
 前半はさっぱりいいとこなし、いいブロック気付かれて、相手の攻守の切り替えの速さについていけず、キヨちゃん、ボギョンがいないとファビーニョの負担が大きく、ACLの疲れもあるのか精彩を欠いてました。連携もうまくいかずボールをマイボールにすることもままならず。
 後半ルイ、大竹君をいれて活性化、ルイがPKを奪い取る突進を見せてPK獲得で1点をかえしました。2試合連続ゴールです。ケンユウ君を入れて、残り10分くらいは反撃しオフサイドなゴールもあったけど敗戦。
 ACLで球際をがんばらないといけない、1対1に強くなると学んでくれたのかなって思ったけど、そうでもなかった。

110927 ACL QF 2nd leg vs Jenonbuk(KOR)

6-1●
 ボギョン、ボギョン、ボギョン、ケンチャナヨ? 激しく来るだろうなあとは思ってたけど、鼻が折れて全治2カ月とかやりすぎ。そもそも大事な自国のオリンピック代表選手に向かって、そこまでするかぁ?タカも流血で包帯ぐるぐる巻き。ジンヒョンもバンバン当たられてるし、言葉の暴力もかなりあったんちゃうん??ホッチキスがまかれてるとか、揶揄弾幕とか、審判のホームびいきとかもう散々。
 芝がぐちゃぐちゃとかまあいろいろあったにせよ、さっぱり自分たちのペースに持ち込めず、季節が良くなったせいで相手の運動量も落ちないし、温存してたらしいし。まあでも、ここまで相手を本気にさせたのは、1stのがんばりがあってこそ。本気の決勝トーナメントアウエーを体験できた。せっかくのこの経験を次にいかしたい。久しぶりのルイの登場で1点取れた。
 キヨちゃんがもっと本調子だったらとか、マルチネスが間に合ってくれたらとか、いろいろ思うところはあるけど、まあ全北は強かったよねえ。
 2年がかりのACL挑戦。散々な目にはあったけど、楽しかったなあ。ほかの韓国チームともやりたかったし、もう一度ACLアンセムを聞きたかった。中東との試合も見たかった。来年もACLにでたいよ~~!!10月の予定が急に減っちゃった。せっかくここまできた連携をもっとみていたいよ。リーグ戦もナビスコも天皇杯もがんばってできるだけたくさん、今年のチームをみていたい。

110923 山形戦(キンチョウ)

6-0○
 今季キンチョウ初勝利~。ほかの残留争いチームの試合結果を見ても勝ててよかったなあ。ぴしっとブロック作られてなんとなくいやな感じもあった。小林監督には、さんざんおさえこまれたイメージもある。
 タカくんはマレーシア戦から中1日で出場。パス交換して4点目得点。ボギョンは大宮戦にもでて、韓国で45分試合して点取ってとんぼ返りの出場。1点目はウキ玉でファビオに供給。右足で点を取れるようになってから、なんか余裕が生まれてきたのかとっても周りが見れるようになってきた。後半試合開始直後の突破でしゃけ君FKを取ってくれた。さすがにちょっとお疲れモードやったけど。怪我しちゃ嫌よ。
 バンさんがばっちり決めて1点目。その後たたみかけるようにオマFKで康太君がDF前田さんをふりきり2点目を決めた。小林監督も言ってたけど、ここでさっさと決められたのと、後半開始直後に決めたのが相手を押えこめた。いい時間帯に決まるといい試合になるなあ。
 ええどうしたん?かっこええ~と思ったのが、秋くん。なんか3段階ぐらいギアが上がってなかったかい?ものすごい運動量やったし、前半終了間際のシュートも決まってれば、さらにすごーいって感じだった。
 ファビオが得点を決め、大竹君がすごいドリブルで抜いてPKをゲットし、6点目。
 キヨちゃんがオリンピックで怪我しちゃってどうしようってムードをみんなで跳ね返した。キヨちゃんいったい何人おるんやってくらいテレビにでまくり、インタビューされまくり、雑誌にも彗星のように現われたとか書かれて、トリニータサポに怒られるよ、九州選抜もU-15にも選ばれてるし、彗星なんて書くのは自分がさっぱりJの試合を見てないだけのことなんだけどねえ。代表でとりあいするのだけは勘弁してほしいなあ。やっぱり怪我の元。

 P.S. ロビーにパワハラ疑惑が!私は見てないんやけど、見たっていうんよ。まあゆうかちゃんととっても仲いいみたいなんやけど、おしりを通りすがりにさわっていったらしい。こらこらロビー、オオカミだからといっていかんじゃろ。

110918 大宮戦(A)

0-0△
 攻め込まれるけど、相手が決定機を決めきれない、なんとか耐えた。こんな試合をものにできて勝ち点3をとれると、ぐいぐい上位にくいこんでいけるんだろうなあ。相手はラファエルもイチョンスもいなかったしなあ。とはいっても、こっちもけが人が次々でるわ、オリンピックに人取られるわで、大変。大竹君はわくわくさせるものを持っていそうなのに、せっかくのチャンスに出てこない。練習試合の朝鮮大学戦を見に行ったときは、どうなることかと心配したファビオがすっかりなじんできてくれたのが、救い。
 こういった試合で負けないことが、まあ泥沼に引きずりこまれずに済んでいる。相手のほうの藤本選手が涙ぐんでいるように見えた。決定機をきめていればと悔しさがいっぱいなんかなあ。残留争いのチームから勝ち点を奪うのは並大抵ではない。必死さは優勝争い以上だと思う。

110914 ACL QF 1st leg vs Jenonbuk(KOR)

4-3○
 こんだけ声を出したのは初めてかもなあ。ナビスコ予選に集まってくる人たちを増強した感じで雰囲気がよかった。試合終わって知らん人とハイタッチしたのも初めて。
 コンコースに飾られたトロフィーを間近に見たのもテンションあがった要因かも。ほまれキャプテンがトロフィーを高く掲げて金色の紙吹雪が降ってきてチーム全員が万歳するシーンは記憶に新しく刻み込まれてるもんね。ほまれキャプテンがモニキャプテンにいつしかすり替わり、イメージトレーニングはばっちりだった。
 広島戦を糧として、あきらめることなくがんばり続けたし、信じて走ってるなあっていうのもあったし、それは見てるこっちもそう思えたし、経験の積み上げは大事だなあ。すこーしは勝者のメンタルが育ってきてるのかな。
 広島戦の前半は連携さっぱりでがっくりきてたけど、今回はまあなんとか耐えたのかな。前から守備をがんばらんとすぐがたがたするので、全体で運動量をあげないとまあしんどい。連戦続くし、オリンピックに人取られるし、怪我人もいるし、全員でのりこえていかないとなあ。
 キヨ→ボギョン→バン突っ込むは、テンポよかったし、キヨちゃんのヘッドは打点高いし、ボギョンのPKはドキドキしたし、普段はPKにドキドキしないのに。トリックCKはわくわくしたし、なんかまあとにかくACLは楽しい。ナビスコとACLをまぜちゃえばいいのに、もっと多くのチームでアジアを戦いたいなあ。

110817 鹿島戦(A)

2-1●
 なんか櫛の歯が欠けるように選手が減っていく。乾君がドイツへ旅立ち、ピンパオンがいなくなり、大輔選手がけがして、マルチネスが怪我して、塁も怪我して。うーーーん、のんきにキヨちゃん、ボギョンの成長が楽しいな、この二人が同じチームにいてそれを目の前で見られるって幸せとか言ってる場合でなくなってきた。
 鹿島戦ホームの試合では、ジンヒョンが重大なミスをして、ミスは誰にでもあるからいいんだけど、その後引きずるのがかなりよろしくなかった。ダービーだけに来るとかダービーやからくるとかいう集団よりも、招待を含めた鹿島戦で結構はいったお客さんをリピーターにしてほしいなあって思っていて、散々な結果でがっくり落ち込んでしまった。ジンヒョンのおかげでJ2からはい上がれたし、ACLも勝ち進んでるし、1回のミスでどうこうではなく、ミスを引きずられるとかなり困るポジションなのである。その後川崎戦、ダービーといつものジンヒョンに戻ってくれてまあ一安心。このアウエーの試合に勝ってきっちり勝ち点3を取ってほしかった。
 イエロー覚悟でモニが大迫選手と対峙しレッドとなってしまい、10人へ、タカ君が下がってラインに入り、選手交代をせずに乗り切る。
 シュウ→ルイ→キヨ→ルイ→ボギョンゴールできれいなカウンターが決まり先制点をあげられたけど、大迫選手にビューテイフルなミドルを決められ、相手自陣でおそろしいパス回しするから取られて失点。
 マルチネスありきで頼みにして計算に入れることはちょっと無理そうなので、若手が育ってくれることが急務。J2に落っこちての開幕戦の仙台戦を思い出した。若手を最低3人はJ1仕様に育てないと!あーー間に合わない~!どうしよう!!今も思い出すと寒さを思い出す。まだ冬で、気温そのものも寒かったんやけどね。真司さんに早く一人前になってもらわないとって必死だったのが今では嘘みたいやけどね。日の丸背負って10番つけてるの見ると。

110723 清水戦(H)

4-0 ○
 南米選手権でぐったりし、なでしこに浮かれてる間にいろいろありすぎて、ついていけんよぅ。
 立ち上がりはひゃんとしたけど、なんとか持ち直して前半を乗り越え、高原選手とか小野選手がめだてんぐらいこっちはがんばった。そのぶん、大前選手がこわいなあっていうのはあった。
 中後選手CKからボギョンのヘッドで先制点。ボギョンは磐田戦で右でうって豪快なシュートを決めた。そのときは、クララが立った!っていうくらい感動したんよ。試合は負けたけど。だいぶ練習してるなあ、レヴィー監督にも母国の監督にも右でも同じように打てるようにならなあかんってさんざん言われてるんやろなあって感じてた。サッカー選手として壁を大きく乗り越えたって思った。ステップアップの重要な関門やもんね。それでこれからいけるチームの格も違えば、給料も違ってくるやろし。で、最近かなり調子がよさげなボギョンくん、神戸戦でもさあこれからがんばろう~!って手上げてがんばろうとしてた。
 倉田選手がPKをとって追加点を挙げ、相手も必死になり、大輔選手が接触で倒れてフラフラって起き上がるけど、意識がどうみてもおかしい。交代となった。こりゃあ大変だ~って家に戻っても心配してたら、HPで笑いながらテレビ見てるとか書いてるから、思いのほか頑丈なのか?まあ良かったと思いつつも、更新してる時間がかなり夜中みたいで、やっぱ痛くて寝れないのか?で結論は手術しないといけない程で、3か月。。。どうするこれから。しゃけくんは90分もたん感じだし。新人の頃の育て方を間違えたんやろか、それ以前の問題か、本人の心がけか、スタミナが足らない。
 乾→ボギョンで追加点。乾君がいるとき、いないとき、乾君がいたとしてもそのコンディションだったり、メンタルだったり、チーム状況で下がらざるおえなくなると、よろしくなくなる。乾君の献身が生きないとチームは勝利しない。ピンパォンは吹っ掛けられたのか、なんなのか足早に去ってしまい、乾君は念願の海外移籍へ、覚悟してたけど、さっぱり噂に上らないのでなくなったのかと思ってた。乾君が来てくれたおかげでJ1に上がれたし、真司さんだけではどうにもならんかったし、いいライバル、いいチームメイトで、マンガのような連携を見られたのはほんと楽しかった。いざとなるとめちゃくちゃさみしいねえ。ボーフムのファンの人たちにも乾君が来てくれて、トップリーグに上がれたよってありがとうって言ってもらえるといいねえ。乾君セレッソにきてくれてありがとうねぇ。
 杉本君を試すという余裕もでき、杉本→ボギョン→乾で4点目。杉本君は周りがよく見える人みたいだ。出せって思ったら出してくれた。視野の広さは教えても教えられるもんでもないらしいし。スカウトの人たちの青田買いの指標は結局そこにあるらしい。

 丹野君も新しい挑戦へ向かっていくし、それぞれがどんどん踏み出していく。セレッソの夏が充実した夏となっていきますように。

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ

Since 2004.4.14

  • きゅうり2
    花ときゅうり