Recent Trackbacks

« 10611 福岡戦(A) | Main | 110619 ロンドンオリンピック2 次予選 クェート »

110615 マリノス戦(H)

0-1●
 日程発表になったときには、梅雨真っ盛り、雨ふりやろうとおもってたら晴れた。パススピードが速いなあとか思っちゃう。
 キヨちゃんはオリンピックで出張中。ピンパォン怪我。乾君は体調不良なのか移籍準備なのか3人も不在。布陣も龍と播戸さんにかえて2TOP。
 マリノスはスマートなイメージだったのになんだかとっても泥臭くガツガツくる。悪く言うとなんだか上手なくせにJ2みたいなラフさ。ファウルをさそってセットプレーに持ち込むというとっても現実的な作戦なのかなって思ってた。俊輔さんいてるし、あいかわらずセットプレーが上手だし。前節が思わしくなかったのか、審判を考慮してのものだったのか。
 気をつけなければいけない審判リストに佐藤 隆治審判の名前はいれとかなあかんなあ。審判におこってはいけないと固く誓ったのにごめんなさい。怒っちゃいました。カードがバンバン出てだんだん不穏な空気につつまれ、増幅されていきました。テレビで見るとそういうところが伝わってないなあ。立ち上がりをハードに行く感じがお互いヒートアップされて、そこのところコントロールが不能になっていってました。笛を吹く基準があやしくなりタイミングがまずく不満がさらに増大の悪循環でした。反骨心でいくのも試合が盛り上がるのかもしれんけど、やっぱり雰囲気にのみこまれすぎたかな。
 連戦においてなにが重要かというと退場者をださないこと。10人なってもかなりがんばってたと思います。最後耐え切れなくなってセットプレーで失点。追いつこうと攻撃も仕掛けました。ちょっとしんどかったので退場者が出たときは、がっくりしたけど、観戦してよかったと思える試合でした。ジンヒョンが試合終了後地面たたいて悔しがってたのが印象に残りました。地面割れるかの勢い、というかこぶしは痛くないのか?
 レヴィー監督の書く本には勝者のメンタリティーの章はあるんだろうか。敗戦からどう勝者のメンタリティーを導いていけばいいんだろう。読んでみたいです、監督の書く本。
 相手谷口選手は川崎にいるころから気になる選手。バーたたいたりいやな(いい)シュートを打ってきます。木村監督が谷口選手にとっていい監督でありますように。最近海外はもちろん国内移籍も活発化して、韓国からもいい選手がいっぱい来るし、上手な選手が流出しても若い選手はうまくなってるしJリーグのレベルがどんどんアップしてるような気がします。わが軍は追いついていけるだろうか。

« 10611 福岡戦(A) | Main | 110619 ロンドンオリンピック2 次予選 クェート »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 110615 マリノス戦(H):

« 10611 福岡戦(A) | Main | 110619 ロンドンオリンピック2 次予選 クェート »

無料ブログはココログ

Since 2004.4.14

  • きゅうり2
    花ときゅうり