Recent Trackbacks

« 070418 北京オリンピック2次予選 シリア戦(A) | Main | Blood Diamond (2006) »

浮気のはてに、オシムインタビューを読んで

  もう浮気だウワキ、浮気しかない。水戸戦の試合内容にしゃあないなあと思っただけで、決して満足しているわけでもない。ガンバ対磐田をスカパーが放送していたので見る。磐田の守備が見るも無残な状況で、うちの悪かったときの守備と50歩100歩である。大丈夫かいな?ガンバのバレーが爆発。前半だけで3-0になっていた。こんな大味のサッカーは嫌いなので結局前半を見ただけで買い物に出てしまった。攻撃サッカーがお好きな人は万博に流れるかもなあ。結論は5-2だったらしい。こういうの私は嫌いなのでダメだ。浮気失敗。
 ええなあガンバはって思ってしまった。磐田みたいな守備をしてくれるところはJ2にない。のぞく東京ベルディか。津並監督のまず守備からというのは間違っていない。ベルディもこれから先どうするつもりなんだろう?札幌戦は4-3になってから三浦監督に1-0サッカーをされて結局手も足もでなかった。磐田の守備を見ていたらうちの今の守備はほんとよくなったなあって思う。目標があるから結果に一喜一憂してしまうけど、J2リーグそのものは好きかもしれない。
 オシムのインタビューで日本の観衆はスペクタクルを望んでサッカーを見ている。まだそんな段階だからJリーグもそういうレベル。Jリーグがそんなレベルだから代表もそういった段階って暗にいってるような。アメリカのMLBの観客もヨーロッパのサッカーの観客もテレビで見るだけど、試合をよく見てるなあって思う。試合の流れもわかってるし、一つ一つのプレーに対してもすごく反応してるし。ぐちゃぐちゃ試合に関係ないことばっかりしゃべくって、ボールが網に掛かるところだけを見ているだけではサッカーのほんとの楽しい部分は見えてこない。観客の目が肥えないことには日本代表のレベルはあがんないってことのようだ。
 そういやトルシエも日本には守る文化がないとか言っていたような気がする。そのときはなんとなくしかわかってなかった。日本のサッカーがJリーグのなかだけで完結しているだけでいいのなら、攻撃ワクワクサッカーのほうがいいのかもしれん。でときおり海外に日本選手が挑戦していくような状態でいいのならそれでいいのかも。ただし日本代表がヨーロッパの代表と戦って勝ちたいと思うならやっぱりそれは違うのかも。選択はどっちでもご自由に。選ぶのは君達だってオシムは言ってるような気がする。
インタビューはここ↓
http://www.jfa.or.jp/fanzone/osim/index.html

« 070418 北京オリンピック2次予選 シリア戦(A) | Main | Blood Diamond (2006) »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 浮気のはてに、オシムインタビューを読んで:

« 070418 北京オリンピック2次予選 シリア戦(A) | Main | Blood Diamond (2006) »

無料ブログはココログ

Since 2004.4.14

  • きゅうり2
    花ときゅうり