Recent Trackbacks

« 06 高校総体 サッカー | Main | 名波選手がやってきた。 »

06/08/09 A代表 vs トリニダード・トバゴ代表

2006/08/09(水)19:20
日本代表 vs トリニダード・トバゴ代表(国立競技場)
GK 1 川口 能活   
DF 5 駒野 友一   
DF 4 田中マルクス闘莉王   
DF 2 坪井 慶介 0-61
→ 16 栗原 勇蔵 61-
DF 7 田中 隼磨   
MF 15 鈴木 啓太   
MF 3 三都主アレサンドロ 0-85
→ 17 坂田 大輔 85-
MF 13 長谷部 誠 0-74
→ 18 中村 直志 74-
MF 14 山瀬 功治 0-56
→ 8 小林 大悟 56-
FW 9 我那覇和樹 0-65
→ 11 佐藤 寿人 65-
FW 10 田中 達也

 勝ったけど内容としてはよくなかった。よりオシムらしくできたのはU-21のほうだったような気がする。中国よりトリニダードトバコが強いせいなのか?それともわたしが基準にしてる試合が間違ってるのか。2004のJEFの開幕を臨海へ見に行った。相手はマリノス。めずらしくオシムもほめた会心の試合だった。オシムもターニングポイントにあげた試合のひとつである。もっと違う次元を求めてるのかなあ。やっぱり時間が足りなかったのか?
 我那覇くんは次に呼ばれんかも。サイドの動きに連動した攻めをできなかった。駒野君は積極的な上がりを見せるも、後半燃料切れな感じ。運動量をさいごまで保てないと逆鱗にふれるよ。それは坪井君も、怪我なのかなあ。勇蔵君がよかっただけにここはどうなるかわからんなあ。大悟君は思ったほどみせられず。寿人、達也、能活、闘莉王はとりあえず当確だなあ。サントスはFKを決め、駒野君からのパスをループで決める。ジーコ監督において換えのきかなかったサントスはオシム監督でもそうなるのか。左サイドって不作なんだろうか。
 トリニダードもどこまで本気なのかよくわからんかったし、よっぽど中国のほうがやる気があった。呼びつけての親善試合ってやっぱり意味が半減する。

« 06 高校総体 サッカー | Main | 名波選手がやってきた。 »

Comments

The comments to this entry are closed.

無料ブログはココログ

Since 2004.4.14

  • きゅうり2
    花ときゅうり