Recent Trackbacks

« Jリーグ30 ジュビロ編 | Main | Jリーグ30 セレッソ編 »

あけましておめでとうございます。

 今年はワールドカップイヤーです。そのまえにトリノオリンピックがあるので、忙しい1年です。どちらもヨーロッパなので時差がうっとうしいなあ。
 ホームページを始めたのは2002年9月からなので丸3年が過ぎました。よくまあ続いたなあ。日記なんて続いたことがなかったのに。それもこれもセレッソのドラマチックな展開のおかげかも。J2からJ1へ、監督がころころかわって、天皇杯で国立につれてっていってくれたけど、J1から落っこちそうになって、かと思ったら優勝争いに首を突っ込んでくれました。
 昨年は、開幕3連敗で今年もなのかってびくびくしてたけど、だんだんチームが出来上がってくれて、見てるほうもとってもたのしかった。組織的な守備が見られるようになったのが、とってもうれしかったし、びっくりした。CKやFKでぽこぽこ点をとられていたのが、うそみたいによくなった。トミーが開花してくれ、前田君が新人賞をとれるくらい活躍してくれた。ブルーノはいつからいたっけ?というくらい馴染んでくれた。ベストイレブンに6名がノミネートされ、吉田GKと達弥君が選ばれた。小林監督も監督特別賞に選ばれた。
 11個ある引分けのうちどれか1個でいいから勝ててたらと思える位置までたどり着いた。ガンバの優勝をただ眺めるだけで終わらなかったのがうれしかった。ナビスコも予選突破してくれた。少なくとも2005年の年チケはお得やったよ。
 できれば、もう少しガンバとの対戦成績を五分にしてください。そして大事な試合で勝てるように、大事な試合を増やしましょう。大事な試合があたりまえになるくらいになれば、いちいち大事な試合でおかしくならんとすむし。ほんでもって、異議によるイエローはもう認めません。あとで制裁金をくらって、ただでさえ潤沢でない資金に影響するし、本人もチームも調子が狂うし、ろくな事がない。

 サッカー週刊誌や新聞に取り上げられてた、最終戦で東京に同点にされたシーンの写真。アキとヤナギが頭に手を。前田君がへたりこんでいて、たつやくんは雷こわいのポーズ、藤本君は横になってしまってる図。あのときに、いつも来ている人が「立て~!!」って叫んでたんよ。私はしらんのやけど、そう言ってたらしい。わたしは3試合同じ風景見せられて、あああとため息ついてたんやけどね。優勝のシナリオとそうでないシナリオを考えて、後者になってもた。そんなときだけへんに冷静になるんよね。でも、「たて~」の声は聞こえてなかったんやから私も冷静でなかったんかも。
 鹿実vs滝二の試合でデカモリシくんが、大事な試合で負けたあと、みんなを起こしてまわる人になっていた。なんかやっと上で書いた最終戦での気持ちの整理がついたような気がした。あのときのシーンにいる自分をたたせてくれたような気がした。彼にはJ1で生き残るひとになってもらって、セレッソを大事な試合につれてってくれる人になってもらわんと困る。

« Jリーグ30 ジュビロ編 | Main | Jリーグ30 セレッソ編 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference あけましておめでとうございます。:

« Jリーグ30 ジュビロ編 | Main | Jリーグ30 セレッソ編 »

無料ブログはココログ

Since 2004.4.14

  • きゅうり2
    花ときゅうり