Recent Trackbacks

« なんでこんな夢をみたんだろう? | Main | Tweifth 2005 Jun. No.60 アキが表紙 »

050608 W杯アジア最終予選 北朝鮮戦

 いまさら感はいっぱいやけど、やっぱり書いておこ。
 0-2○ 得点者 28分柳沢 後44分 大黒
 テレビによると、バンコクの必然だそうな。まあねえ、枠も4つあることやし、こんなところでつまづいてもらっていては困る。ただし、かなりしんどいカーブがつづいた道で前がどうなっているのか、また、この道がくだったり上ったりするので、「絶対、絶対」とかいわれて、疲れた道のりだった。まだまだ先は長いので、イエローをもらわんようにして、1位通過をめざして次の試合にのぞんでほしいなあ。
 この試合、前は満男、柳沢、隆行のアントラーズトリオでのぞむものの、うまくかみあわない。後半スタートと同時に隆行→大黒、40分に柳沢→遠藤へ交代。ガンバのリズムに頼って勝点3を得る。
 無観客試合という制裁をうけるけど、報道陣、政府関係者で1000人近くいた模様。J2の入らない試合ぐらいの人数はいる。ほとんどが日本人だったわけで、有利だった。北朝鮮も自国の結果を流す国になって、国際試合の最低レベルを保つようになって、きちんとホームアンドアウエーをやりたい。
 まこちゃんの本質をみいちゃった。やっぱりそうやったんねえ。普段はそんなそぶりもみせないのになあ。相手とからまって倒れたときに足をおろすついでにちょっと体に当てといた。相手はきれちゃって試合の緊張感が別の方向へ流れる。相手を怒らすの上手だ。この手によしとくんもひっかかったのねえ。まあ、わたしとしてはそんなこともさもありなん、したたかにやってこそサッカーとか思っていた。
 数日後サッカーをあんまり見ない人から、あんなことはしょっちゅうあるのかと聞かれて困った。小学生のおかあさんやし、教育上好ましくないという雰囲気なのでどう答えたら、このままサッカーファンになってくれるだろうと答えに悩んだよ。切迫した試合ではしかたないことだといっといたけど、それでよりよい答えになったのかどうかいまだわからない。

« なんでこんな夢をみたんだろう? | Main | Tweifth 2005 Jun. No.60 アキが表紙 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 050608 W杯アジア最終予選 北朝鮮戦:

« なんでこんな夢をみたんだろう? | Main | Tweifth 2005 Jun. No.60 アキが表紙 »

無料ブログはココログ

Since 2004.4.14

  • きゅうり2
    花ときゅうり