Recent Trackbacks

« スペイン語 ポジション | Main | 転校生のABC »

血塗られた道

「しょせん、血塗られた道よ」From 風の谷のナウシカ
 なんかこの台詞を思い出してしまった。よく覚えてないけど、トルメキア(侵略、戦争で国を維持しようとする国)のクシャナ(これ書くために名前を調べた。司令官)が部下に向けていった言葉だったと思う。
 仲良く楽しく暮らす風の谷の村をみて、うらやましいなあとか思いながらも自分たちはこの道しか生きる方法はないんだよって振り切っていった台詞だったと思うんだけど。もういっぺん見ないとわからないなあ。乗りかかった船だからしゃあないっていうか、もう方向転換はできないっていう台詞だと思ってる。映画の流れ的には戦争を好む国の暴走ぐあいというか、ここで方向転換できたはずなのに結局つっぱしってしまうのね、いかん、いかんよというようなかんじだったと思う。
 だから設定としてはかなり前提が違うような気もするけど、この台詞を思い出した。セレッソというチームを見に行って年チケ買って応援している。もうね、元をとらんとというような貧乏性の域も超えている。血塗られた道、乗りかかった船、このまま行き着くとこまでいってやろうじゃないの、そんな感じです。

« スペイン語 ポジション | Main | 転校生のABC »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 血塗られた道:

« スペイン語 ポジション | Main | 転校生のABC »

無料ブログはココログ

Since 2004.4.14

  • きゅうり2
    花ときゅうり