Recent Trackbacks

« 7/23 おはようセレッソ 小林監督初采配 | Main | 7/23 アニモセレッソ 森島、徳重、苔口の3選手 第4回 »

応援

 正直申しまして今セレッソは危機的な状況にあります。2004年新監督を呼んで上昇をめざすはずが、病気で来日ならず。そこからごたごたが続きまして、一進一退よくなるのかと思いましたが、日に日に野次とブーイングは激しくなり、1st最終戦ブーイングの嵐がおこり監督交代となりました。持ち点はわずかに10.2nd小林監督の下、時間の無い中、選手たちに今一度の奮起をうながしたい。勝者のメンタリティをすっかり失っている選手に「がんばれ」とカツをいれていただけませんか?できれば、それは試合前に愛ある形にしたい。

 場面は3度。1度目はDJが選手、監督の名前をコールするとき。2度目パワーアンドザグローリー斉唱時。3度目選手入場時の3回あります。タオルマフラーを掲げて、ピンク画用紙で、オイ!という掛け声で、歌声で、手拍子で表現していただけませんか?試合後ブーイングする労力をほんの少しでいいんです。試合前に声をだしてください。それが4度目の試合終了後勝利時の選手挨拶につながればいいなあと思います。

 SBの応援スタイルがどうあるのがいいのかよくわかりません。歌って立てのりでいきたければA席ゴール裏があるわけだし。試合を見たいからSBっていうのが本音だろうし。ブーイングや野次の変わりにもうひとつ大きな声でパワーアンドザグローリーを試合前に歌いませんか?それはじっくり試合観戦をしたい人にとってもじゃまにならないと思うんですが。1st最終柏戦のブーイングの音量でパワーアンドザグローリーを歌うことができたならセレッソも勝ちだしてくれるんじゃないだろうかと勝手に思ってます。少しはセレッソも変わってくれるんじゃないだろうかとも思います。

 応援スタイルは人それぞれですが、愛ある形にしていかんと選手たちにも伝わりにくいのかなと最近思いはじめました。私は体罰否定論者ではありません。お互いコミュニケーションがとれていて愛があるのなら、体罰もOKだと思ってます。つまりブーイングもOKなんだけど、それはそれ以前に愛ある形を示してこそ伝わるもんかなと思い始めてます。

« 7/23 おはようセレッソ 小林監督初采配 | Main | 7/23 アニモセレッソ 森島、徳重、苔口の3選手 第4回 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 応援:

« 7/23 おはようセレッソ 小林監督初采配 | Main | 7/23 アニモセレッソ 森島、徳重、苔口の3選手 第4回 »

無料ブログはココログ

Since 2004.4.14

  • きゅうり2
    花ときゅうり